MENU

低影響開発(L.I.D)について理系大学生のhuoがわかりやすく解説

l-i-d

こんにちは、huoです

今回は、低影響開発L.I.Dについて簡単に解説していきます。

私も低影響開発L.I.Dってなんだろうと思い調べましたが

あんまり良い情報がありませんでした。

大学の講義で低影響開発L.I.Dについて学んだので

簡単に紹介していきます。

低影響開発L.I.Dとは、何なのか理解することができます。

スポンサーリンク

目次

低影響開発L.I.Dとは

低影響開発L.I.Dとは、

降った雨を水源と見なして敷地に降り注いだ雨を利用して

敷地レベルで雨水を管理する考え方のことをいいます。

低影響開発L.I.Dメリットについて紹介していきます

低影響開発L.I.Dメリット

低影響開発L.I.Dメリットは、水源の確保と洪水を防ぐことです。

大雨の日にマンホールから水が溢れ出すシーンを

ニュースなどで見たことがあると思います。

あれは、雨水が多すぎて洪水が引き起こされて起きてしまう現象です。

そういった洪水の問題を防ぐために低影響開発L.I.Dという考え方は、非常に大切です。

低影響開発L.I.Dは、思想なので洪水を具体的に解決していく方法として

レインガーデンなどが利用されています。

レインガーデンとはわかりやすく解説

レインガーデンとは、雨を積極的に活用する方法で

イメージとしては道路の端とかに木が植えられているような場所を活用して雨水を一時的に貯留して

少しずつ水を浸透させていく植栽エリアのことです。

低影響開発L.I.Dまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました

低影響開発L.I.Dは、敷地レベルで雨水を管理する考え方です。

レインガーデンなどを利用して

洪水を起こさないように雨水を有効活用していけば

土砂崩れなども防げるようになっていきます。

低影響開発L.I.Dについて少しでも理解していただけていれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる